FROM TOSA

SINCE 1961

We are the last Mokumenya in Japan

TODA SHOKO

THE MOKUMEN

私たち戸田商行は、
森林資源に恵まれた高知で
「もくめん」を製造している企業です

天然素材の「もくめん」には、
緩衝材に止まらないすぐれた効能があります

もくめん(木毛)と聞いてそれが何だかすぐに思い浮かぶ方は少ないかもしれません。もくめんとは、木材を糸状に削ったもので、主に果実等を箱詰めにする際に緩衝材として使用されています。おそらく多くの方が一度はご覧になったことがありつつも、その名称については気にされたことがないでしょう。

もくめんは決して「木材の削りかす」ではありません。松、杉、檜、楠といった天然木を原材料として、熟練の職人たちが誇りをもってもくめん作りに取り組んでいます。緩衝材として利用されることの多いもくめんですが、ただ衝撃を吸収するだけでなく、天然素材ならではのすぐれた効能を有し、さまざまな場面で活用されています。

私たちは「日本最後のもくめん屋」
になっても続けていきたい

戸田商行の工場がある高知県の森林率は、84パーセント。そんな高知県において、もくめん製造業者は戸田商行だけ。日本全国を見渡しても数えるほどしか残っておらず、もくめん専業の企業としては唯一の存在です。

私たちは、天然素材で、環境にも人にもやさしいもくめんを通じて、もっと社会に貢献できると考えています。
戸田商行は「日本最後のもくめん屋になっても、続けてきたい」と強い気持ちを抱きながら、今日ももくめんを製造しています。