会社情報

「日本最期のもくめん屋として、高知の伝統を守って行きたい」

ごあいさつ

戸田商行は昭和36年創業の木毛(もくめん)屋です

山仕(やまし)だった初代社長が戸田商行を創業したのは、昭和36年のこと。木毛(もくめん)という商品に将来性を見出し、山を歩き木立の売買をする山仕の仕事から、もくめん製造に進出します。もくめん製造の機械を1台購入し、自宅の横に倉庫を建て、自ら木を切り出し、もくめんを作り始めました。

創業者:戸田光男(左) / 創業当時の戸田商行 工場(右)
創業当時の苦労

創業当時は乾燥設備もなく、削ったばかりの湿ったもくめんを屋根の上へ持ってあがり
天日干しをしていました。風が吹いては飛ばされるもくめんを拾ってきては、また天日に干すということを繰り返していたそうです。
段々と増える需要に応えるため、昭和40年、当時としては国内で最大クラスの工場を建設。モデルとなる工場がなかったため、独自の設備改良を重ね、苦労の末に工場は完成、現在へと引き継がれています。

創業者である両親への想い

私 戸田実知子がもくめんと関わるようになったのは、平成4年10月に創業者の息子と結婚したことがきっかけでした。当時は創業者である義父と義母が経営をしていましたが、私たちの結婚を喜んだふたりは、結婚と同時に夫を社長に、私を経理の責任者にし、25歳だった私たちに経営の全てを任せます。

夫と結婚した理由のひとつに、義理の両親が優しく、実直で尊敬できる人たちだったことがありますが、若いふたりを信頼して会社の実権を渡し、任せてくれた潔さ、賢明さに感動したことを覚えています。信じて任せてくれた両親のために、一生懸命に仕事に励むようになりました。
「人に交わるは信をもってすべし。己人を信ずれば、人もまた己を信ず」
私は、この福沢諭吉先生の言葉を信条としていますが、この信条を、身を以て教えてくれたのは両親でした。

もくめん屋に訪れた経営危機

もくめんは作れば売れるという順調な時代もありましたが、やがて需要は減少の一途を辿ります。創業50年をも経過し、商品も企業も衰退期を迎え、売上は下がり続け、戸田商行は厳しい時代を迎えていました。そんな中、周囲の人の勧めで、社長だった夫が地方議員になります。同じ頃に両親も現役を引退して、経営危機が訪れました。

このままでは終われない!

当時の私は、尊敬する両親が苦労して築いた会社と、上質なもくめんづくりにこだわってきた、物づくりへの情熱を引き継いでいかなければならないと強く思っていました。
両親が大切に育ててきた会社を潰すわけにはいかない。また長年一緒に働いてくれた従業員の雇用を守らなければならない。経営に集中できない夫に代わって、自分がやるしかないと奮起し、それまで経験のなかった経営の勉強を始め、経営者として関わるようになっていきます。

もくめんは世の中に必要なのかと自問自答の日々

それからは手探り中、様々な課題に向き合ってきました。多くの問題が起こる中、私は自分自身が商品に対する自信を失っていると気がつきました。

商品が売れなくなり、もうもくめんは世の中に必要ないんじゃないかと考えました。実際世の中には、もくめんに代わる使い勝手のよい、安価な商品が溢れています。もくめんは本当にお客様に必要とされているのか、不安な気持ちは拭えませんでした。

工場見学をきっかけに自信と誇りを取り戻す

そんなある日、工場を見学したいというお客様が現れます。それまで、もくめん工場を見に来る人などいませんでした。正直なところ「工場など見て何になるのか、時間の無駄ではないか」とも思っていました。
しかし、もくめんの製造工程を見学になられたお客様は、もくめんの美しさ、製造の面白さを語って下さいました。更に、私はもくめんへの意見を直接伺うために、お客様の元を訪ねました。すると私が思っていた以上に、皆さまがもくめんを必要としてくださっていることがわかり、これをきっかけにもくめんという商品への自信を取り戻していきました。

土佐市立戸波小学校の3年生の工場見学。
東京、千葉、名古屋、地元高知からもお越しいただきました。

高知大学農林海洋科学部様:工場見学&クラフト体験。

韓国 山林庁様ご一行様視察

神奈川県秦野市議員団様視察

戸波小学校 3年生 総合学習

韓国 木浦大学院・慶南科学技術大学様視察

情報を発信するもくめん屋

日本で、専業のもくめん業者は戸田商行1社となり、おかげ様で、2015年頃から新聞やテレビマスコミに取り上げて頂く機会が多くなりました。また、学校や大学、セミナー、講演会でお話しをさせて頂く機会も増えています。慣れない部分や僭越な気持ちもありますが、世の中の方に、もくめんを知って頂くことで、木の文化を理解して頂くきっかけになること、また、日本には伐採期を迎えたたくさんの森林資源が眠っており、使うことによって森を守らなければならないことなど、これからも日本最期のもくめん屋として、情報発信を続けていきます。

日本テレビ「元気のアプリ」に工場長が出演。

高知放送「ニッチでトップ」。

テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」。

テレビ高知 報道番組「イブニングkochi」。

NHK BSプレミアアム 「最後の○○」

NHK こうちいちばん 生放送

さんさんテレビ 三山ひろしの「さんさん歩」

高知大学「高知の中小企業を知る」第3回。

京都女子大学「組織マネジメント論」講師。

これからももくめん屋を続けていくために

大学進学の時に経営を学ぶことを決めた長女が、就職をすることになりました。
「お母さんが楽しそうに仕事をしているから、私も会社の経営をしてみたい」という真剣な表情を今でも覚えています。私としては、当時、経営の苦しさに眉間にしわを寄せていることが多く、家族にも心配をかけていたと思っていたので、その一言が大変うれしかったです。事業の継承者がいるということは、従業員にとっても希望の光となります。今も、社会へ門出する娘が30歳を迎える前に、「お母さんの会社を継ぎたい」と選択肢になるような会社にせねばと燃えています。

時代は以前とは比べものにならないスピードで進んでいます。「同じことの繰り返し」はリスクと考えられるようになりました。当社も地方の製造業ということで、以前は漫然と作ることに甘んじていましたが、数年前から商品の開発を始め、営業活動のため、全国規模の展示会へ積極的に参加するようになりました。これからも情報発信を進め、既成の枠にとらわれず、どんどん新しいことにチャレンジしていきます。

未来に向けて

私たち戸田商行は、技術革新と高い品質を確立し、積極的な情報発信と営業活動を行うことで、メイド・イン・ジャパンのオリジナルブランドとしての地位を獲得し、オンリーワン企業を目指していきます。この姿を追求することで、従業員が物心両面で充実して幸せに働き、地域や取引先からの信頼も厚く、利益を出し続け、成長する会社に必ずしていかなければならないと思っています。

社長から皆様へ

尊敬する両親から引き継いだもくめんは、今も変わらず高知県産の木材を利用した、環境にも人にも優しい素晴らしい商品です。この繊細で素晴らしいもくめんを次の時代につないでいき、尊敬する両親のため、大切な従業員のため、ご愛顧頂いているお客様のために、日本で最後のもくめん屋になっても続けていきたいと思います。自分にどこまでできるか分かりませんし、経営者としては未熟な私ではありますが、みなさんにも、ぜひ戸田商行を見守っていただきたいと思います。ぜひもくめんと出会ってください。


社会活動

カーボンオフセット事業

平成30年9月3日 戸田商行はカーボンオフセットの売買契約に基づき、「高知県木質資源エネルギー活用事業B」に参加しています。 カーボン・オフセットとは? カーボン・オフセットとは、自社の温室効果ガス(CO2など)排出量のうち、ほかの場所の排出削減・吸収量をクレジットとして購入することによりどうしても減らせない排出量をオフセット(埋め合わせ)することです。 高知県オフセット・クレジット(高知県J-VER)制度とは? 平成20年度に環境省が創設した「オフセット・クレジット(J-VER)制度」に準拠した制度で、高知県内において森林整備を実施し、森林によるCO2の吸収増大量を高知県オフセット・クレジット認証運営委員会が審査し、クレジットとして認証する制度のことです。発行されたクレジットは売却することが可能で、その資金を森林整備費用にあてることで森林整備の加速化と温暖化対策の推進が期待されています。

戸田商行のもくめんは高知県産の木材を加工した天然の緩衝材です。それだけでなく天然木本来の効果効能を活かした商品作りや資材の提供によりクレジットとして認定されました。

ひとつの商品につき3kg-CO2のクレジットが付いており、購入者の一日あたりの電力使用に係るCO2排出量をオフセットします。さらに戸田商行ではもくめん5,000個にクレジットを1㎏ずつ付加し、消費者の1日あたりの水道使用に係るCO2排出量をオフセットします。

CO2オフセット・クレジットの売買締結式。

高知県より「木の文化賞」を受賞いたしました。

障害者雇用

戸田商行の障害者雇用の始まりは35年前、「光の村養護学校」で働く女性職員が「職業研修として学校の生徒を引き受けて欲しい」と突然来社されたのが始まりでした。先代は生徒たちの受け入れを決め、その女性職員と二人三脚で生徒の職業指導にあたり、根気強い指導のもと、生徒は作業を習得していきました。これが障害者雇用の始まりとなり、現在も障害者3名を雇用しています。

障害があってもできることはいくらでもあります。個々の適性に合った作業を行うことによって、時には健常者以上の集中力や技能を発揮することができます。「障害者を働かせるのはかわいそう」という意見もありますが、誰かに必要とされることは人間にとって最も重要であると当社は考えます。実際に彼らは会社にとって欠かせない人材となり、必要とされ、自信を持って働いています。

経営指針

戸田商行の存在意義

日本の豊かな森林資源を活用した、もくめん製造を通じて、社員の物心両面の充実を図り、人々の豊かな生活と幸福、社会の発展に貢献します。

方針

人はみなしあわせになるために生まれてきました。しあわせにとって大切なことは

・人に愛されること ・人にほめられること ・人の役に立つこと ・人から必要とされること

人に愛されること以外のしあわせは仕事によって得られます。

戸田商行で働く人たちが自己の実現や夢に向かってイキイキと働くこと。丁寧なコミュ二ケーションを取りながら共に育ち、学び、物心両面の豊かさの実現を追求し、笑顔があふれる会社を目指したいと考えています。お互いの多様性を認め合い、尊重し、常に感謝の心を忘れず、思いやりの心を持つ。戸田商行に関わる全ての人がしあわせを感じる会社にしたいと思います。

行動指針

・笑顔・あいさつ・おおきな声 ・謙虚・誠実・信用 ・常に考え、常に成長することを忘れず人格を高める ・感謝の気持ちを忘れず返謝の気持ちを持つ

会社概要

会社名:有限会社 戸田商行
所在地:〒781-1122 高知県土佐市本村580番地
お問い合わせ:TEL:088-855-0426/FAX:088-855-1278
代表取締役:戸田宗崇
取締役社長:戸田実知子
創業:昭和36(1961)年
資本金:500万円
従業員数:9人(うち正社員7人、役員2人)
主要商品:高級もくめん・緩衝材・梱包資材
年間生産:約250トン
取引先:仕入先:香美森林組合、(株)日吉原木市場、 池田紙業(株)、シンワ(株)、(株)モリサ他
販売先:JA土佐市、JA土佐香美、JA高知市、全農徳島、シンワ(株)、(株)ヤマニパッケージ、(株)オーセロ、エフピコ商事(株)、(株)イオンフォレスト、(株)ケーエスピー、日本植生(株)他

アクセス

高知自動車道からお越しの場合 土佐パーキングエリア・土佐PAスマートIC出口から出ていただき、国道を左折、約2分進むと道路左手側にあります。高知県土佐市役所からは西に車で10分になります。

戸田商行 本社工場
戸田商行 本社工場

戸田商行 本社看板
進行方向向かって左側、この看板が目印です。

戸田商行のもくめんブログでは、このページに掲載以外の「工場見学」「取材報告」をブログ形式でご紹介しています。併せてご覧ください。

パンフレット資料ダウンロード

SDGsと環境マネジメントについて

sdgsと環境マネジメントについて

お問い合せ電話

088-855-0426

スマートフォンの場合は、このまま電話番号をタップしてください


営業時間:午前8時から午後17時
土日曜祝日休

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ

戸田商行Facebookページ

Instagram(インスタグラム)

Instagram は無効なデータを返しました。

SDGsと環境マネジメントについて

sdgsと環境マネジメントについて
  1. 2020.07.21

    木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

  2. 2020.07.04

    木の情報拠点 「ぷらっとホームMoku」のオープン記念プ…

  3. 2020.06.26

    キャリア教育「働くことについて」出講しました

  4. 2020.06.12

    木の情報拠点 「ぷらっとホームMoku」が本日オープンし…

  5. 2020.05.20

    ネッツトヨタ南国のWEBサイト「コウチ生産者通信」にご掲…

  1. 2020.07.21

    木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

  2. 2019.12.03

    クリスマス限定セット販売開始のお知らせ!

  3. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  4. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  5. 2018.10.01

    もくめん製造機再現プロジェクト始動!

  1. 2018.04.06

    今年も戸田商行に新たな社員が入社しました

  2. 2018.02.14

    実知子社長からのチョコレート

  3. 2017.07.05

    経営者としての想い

  4. 2017.05.16

    ただいま、写真撮影中

  5. 2017.02.14

    2017バレンタインデー