木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

肩に力が入った内容になりそうな予感がしますが、お付き合い頂けましたら幸いです。

商品における「価値」には、機能的な価値と情緒的な価値があります。両面において、作り手の独りよがりにならず、お客様のニーズにお応えするものでなくてはならないと心してはおります。

もくめんの機能的な価値については、緩衝材として商品を衝撃から守る弾力性、果物や生鮮食品の湿度を調節する調湿性、100%自然物であることの安全性が挙げられます。

また、本物の木材から作り出される高級感、あたたかさ。科学性の商品とは違う良さがそこにはあります。

では、もくめんの情緒的価値は何か。

そのことをずっと考えていました。そんな時に工場見学にお越し下さったお客様が口々におっしゃる「もくめんて、とてもきれいですね」「もくめんは美しい商品ですね」という言葉。

その言葉にハッとしました。

脇役であり、また役割りが終わると処分されてしまう緩衝材でありながら、原木から仕入れた木材を丁寧に削り、造りあげていく木毛(もくめん)。

確かに美しい…

アメリカやヨーロッパで作られたもくめんを目にしたことがありますが、日本のものよりかなり荒削りです。ワイルドな味わいはありますが、繊細さはなく、もの作りに対する姿勢に大きな違いを感じました。

翻って、日本で昔から伝わる天然物を利用した包装材には、木の桶や樽、箱や径木(ギョウギ)などがありますが、改めてそのものたちを見た時、どれもとても美しい事に気がつきます。

包まれる中身の価値は関係なく、そう作らずにはいられなかった丁寧な仕事。

日本の伝統包材、そしてもくめんには、日本人のもの作りの魂が込められているのではないかと、思い至りました。

【大切なものを紡ぎ、守る】

贈り物とともに歩んできた木毛。

山々に囲まれた土佐の地で、仲間たちと共に、モノづくりを大切にしてきた。

素材の良さ、土佐の木々の力、それらが込められた木毛は、作り手の想いも重なり特別な素材として輝きを放つ。

初めて目にした人が口にする木毛の美しさ。

ささやかなその存在に注ぎ込まれる情熱は、日本人の美への価値観、自然観を表す。

美への理念、そのように作らずにはいられなかった。

ものを贈るということは心を贈ること。

その傍らに寄り添う木毛。

いまこの時代に考える、きわめて大切なこと。

私たちは、木毛が発する豊かな啓示、それらに謙虚に耳を傾けながらも、かけがえのない存在として紡いでいく。

肩に力を入れまくりで作った、もくめんのボディコピーです。先人達も喜んでくれたらいいな(笑)

関連記事

  1. 1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛②

  2. 虚空蔵山

  3. なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  4. 木毛(もくめん)工場のお誕生日祝い

  5. 木毛(もくめん)づくりの理念は愛③

  6. 「木のこころをつたえる」高知県木工フェアin高知大丸

  7. もくめん製造機を修繕

  8. もくめん製造機再現プロジェクト始動!

  9. 2016年末のご挨拶

  1. 2022.11.09

    「ものメッセKOCHI2022」へ出展いたします

  2. 2022.10.04

    第12回農業資材EXPOに参加致します!

  3. 2022.09.28

    【MICIL】正式販売スタート&ホームページ開設

  4. 2022.09.27

    久しぶりの工場見学

  5. 2022.09.26

    【MICIL】クラウドファンディング終了しました!

  6. 2022.09.08

    【MICIL】クラウドファンディング目標達成致しました!…

  7. 2022.08.25

    【MICIL】  クラウドファンディング開始しました!

  8. 2022.08.18

    【MICIL】クラウドファンディング開始予告

  1. 2021.12.18

    「林業女子のキャリア論Ⅱ」にパネリストとして参加

  2. 2020.07.21

    木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

  3. 2020.04.28

    NHK BSプレミアム「最後の○○〜日本のレッドデータ」…

  4. 2019.11.02

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛③

  5. 2019.10.04

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛②

  6. 2019.09.27

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛♡

  7. 2019.09.07

    もくめんの原材料、木材の種類について

  8. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  1. 2020.07.04

    木の情報拠点 「ぷらっとホームMoku」のオープン記念プ…

  2. 2020.06.26

    キャリア教育「働くことについて」出講しました

  3. 2020.05.20

    ネッツトヨタ南国のWEBサイト「コウチ生産者通信」にご掲…

  4. 2020.04.23

    【木を伝う、温もり】高知新聞K+にご掲載頂きました

  5. 2020.02.20

    滋賀大学経済学部ゼミ生の視察です。

  6. 2020.02.14

    高知さんさんテレビ「三山ひろしのさんさん歩」に出演します…

  7. 2019.11.29

    ここだけ!田野屋塩二郎とのコラボ塩・幻の「檜塩」50個限…

  8. 2019.07.17

    桧塩も♪ 本日より、インテリアライフスタイル展に出展しま…

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ
もくめんサンプルのご購入はこちら