木に毛と書いて、もくめん?呼び方の氾濫について

木に毛と書いて、「もくめん」

「もくめん」という呼び方は、昔々に、関西地方の木毛業者が、関東の業者と差別化を図るために、名付けたもので、工業品の製品分類では「もくもう」が正式な呼び名です。

さらに、関東では「もくげ」とも呼ばれています。

昭和40年代に、日本で120社程度存在した木毛業者は、今や3社のみ。木毛だけを作っている専業業者は、当社のみとなりました。

もくめんの、日本国内での流通量は減少し、皆様の目に触れる機会が少なくなったうえに、呼び方が3種類もあるという、非常に分かりにくい、そして探しにくい、商品となっています。

ただし、問題はそれだけでは留まりません。

「もくめん」「もくもう」「もくげ」という呼び方以外にも、英語の呼び方が存在しています。

「ウッドパッキン」「ウッドウール」「ナチュラルパッキン」等々

確かに、「木毛」は「もくめん」「もくもう」と、音で聞いた時に、姿が想像しにくく、英語の方が、なんとなくでもイメージが湧きますよね。

探し物があるとき、まずはネット検索で、という時代に、呼び方が幾通りもあるという困惑。

木毛をお探しの方には、ご不便をおかけしているよなと、申し訳ない気持ちが沸き上がります。

そして、木毛に関するキーワードを散りばめた、この拙いブログが、少しでも検索のお役に立ち、スムーズに、木毛にたどり着いて下さる事を祈りつつ、本日のブログは、これにて終了致します。

関連記事

  1. 韓国経済ミッション訪問団

  2. 10月より当社に新しい仲間が加わりました

  3. お誕生日のお花贈呈

  4. よさこい期間中のイベント「木のこころをつたえる」高知大丸にて…

  5. 春を感じる火曜日

  6. 関西機械要素技術展 もくめん製造機展示

  7. 地球温暖化対策に貢献してます

  8. もくめんの原材料

  9. もくめんの原材料、木材の種類について

  1. 2019.12.03

    クリスマス限定セット販売開始のお知らせ!

  2. 2019.11.29

    ここだけ!田野屋塩二郎とのコラボ塩・幻の「檜塩」50個限…

  3. 2019.11.02

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛③

  4. 2019.10.04

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛②

  5. 2019.09.27

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛♡

  6. 2019.09.07

    もくめんの原材料、木材の種類について

  7. 2019.08.17

    とてつもない大きな綱を引き合います!大綱祭りin土佐市

  8. 2019.08.05

    よさこい期間中のイベント「木のこころをつたえる」高知大丸…

  1. 2019.12.03

    クリスマス限定セット販売開始のお知らせ!

  2. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  3. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  4. 2018.10.01

    もくめん製造機再現プロジェクト始動!

  5. 2018.07.30

    地球温暖化対策に貢献してます

  6. 2018.03.06

    陸前高田市立気仙小学校にシューピローを

  7. 2018.02.02

    もくめん製造機の記事が高知新聞に掲載されました

  8. 2018.01.08

    戸田商行の新しいシンボルマーク(ロゴ)について

  1. 2018.04.06

    今年も戸田商行に新たな社員が入社しました

  2. 2018.02.14

    実知子社長からのチョコレート

  3. 2017.07.05

    経営者としての想い

  4. 2017.05.16

    ただいま、写真撮影中

  5. 2017.02.14

    2017バレンタインデー

  6. 2016.11.30

    お誕生日のお花贈呈

  7. 2016.10.02

    10月より当社に新しい仲間が加わりました

  8. 2015.08.26

    本日は工場長のお誕生日

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ