木に毛と書いて、もくめん?呼び方の氾濫について

木に毛と書いて、「もくめん」

「もくめん」という呼び方は、昔々に、関西地方の木毛業者が、関東の業者と差別化を図るために、名付けたもので、工業品の製品分類では「もくもう」が正式な呼び名です。

さらに、関東では「もくげ」とも呼ばれています。

昭和40年代に、日本で120社程度存在した木毛業者は、今や3社のみ。木毛だけを作っている専業業者は、当社のみとなりました。

もくめんの、日本国内での流通量は減少し、皆様の目に触れる機会が少なくなったうえに、呼び方が3種類もあるという、非常に分かりにくい、そして探しにくい、商品となっています。

ただし、問題はそれだけでは留まりません。

「もくめん」「もくもう」「もくげ」という呼び方以外にも、英語の呼び方が存在しています。

「ウッドパッキン」「ウッドウール」「ナチュラルパッキン」等々

確かに、「木毛」は「もくめん」「もくもう」と、音で聞いた時に、姿が想像しにくく、英語の方が、なんとなくでもイメージが湧きますよね。

探し物があるとき、まずはネット検索で、という時代に、呼び方が幾通りもあるという困惑。

木毛をお探しの方には、ご不便をおかけしているよなと、申し訳ない気持ちが沸き上がります。

そして、木毛に関するキーワードを散りばめた、この拙いブログが、少しでも検索のお役に立ち、スムーズに、木毛にたどり着いて下さる事を祈りつつ、本日のブログは、これにて終了致します。

関連記事

  1. 木の情報拠点 「ぷらっとホームMoku」が本日オープンしまし…

  2. 工場長のお誕生日

  3. もくめん製造機を修繕

  4. 木毛(もくめん)づくりの理念は愛③

  5. 東日本大震災被災支援シューピロー

  6. もくめん製造機の設計図が復刻!

  7. 木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

  8. 海外でももくめんを

  9. 2016年末のご挨拶

  1. 2022.11.09

    「ものメッセKOCHI2022」へ出展いたします

  2. 2022.10.04

    第12回農業資材EXPOに参加致します!

  3. 2022.09.28

    【MICIL】正式販売スタート&ホームページ開設

  4. 2022.09.27

    久しぶりの工場見学

  5. 2022.09.26

    【MICIL】クラウドファンディング終了しました!

  6. 2022.09.08

    【MICIL】クラウドファンディング目標達成致しました!…

  7. 2022.08.25

    【MICIL】  クラウドファンディング開始しました!

  8. 2022.08.18

    【MICIL】クラウドファンディング開始予告

  1. 2021.12.18

    「林業女子のキャリア論Ⅱ」にパネリストとして参加

  2. 2020.07.21

    木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

  3. 2020.04.28

    NHK BSプレミアム「最後の○○〜日本のレッドデータ」…

  4. 2019.11.02

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛③

  5. 2019.10.04

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛②

  6. 2019.09.27

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛♡

  7. 2019.09.07

    もくめんの原材料、木材の種類について

  8. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  1. 2020.07.04

    木の情報拠点 「ぷらっとホームMoku」のオープン記念プ…

  2. 2020.06.26

    キャリア教育「働くことについて」出講しました

  3. 2020.05.20

    ネッツトヨタ南国のWEBサイト「コウチ生産者通信」にご掲…

  4. 2020.04.23

    【木を伝う、温もり】高知新聞K+にご掲載頂きました

  5. 2020.02.20

    滋賀大学経済学部ゼミ生の視察です。

  6. 2020.02.14

    高知さんさんテレビ「三山ひろしのさんさん歩」に出演します…

  7. 2019.11.29

    ここだけ!田野屋塩二郎とのコラボ塩・幻の「檜塩」50個限…

  8. 2019.07.17

    桧塩も♪ 本日より、インテリアライフスタイル展に出展しま…

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ
もくめんサンプルのご購入はこちら