最後のもくめん屋になっても

本日の『高知新聞』に戸田商行を掲載して頂いております。

大昔、緩衝材と言えば「もくめん」の時代がありましたが、現在では石油素材のビニールやプラスチック(ビニールのプチプチに代表されるような)などが、緩衝材の主役。もちろん、その大きな要因はコスト面が大きいのでしょう。

でも、わたしたちは天然素材で作った「もくめん」に、ざまざまな価値があると信じています。

そして戸田商行が、日本最後のもくめん工場となり、この素材を次世代に引き継ぐことに責任と喜びを感じながら、また皆様に感謝をしながら、今日ももくめんを作って参ります。

関連記事

  1. もくめん製造機の記事が高知新聞に掲載されました

  2. もくめん工場の取材:イブニング高知

  3. 贈りものは相手の心に届いてこそ

  4. TBS系列 あさチャン!に取材いただきました

  5. 新建ハウジングに掲載

  6. シューズキーパー絶賛製造中

  7. フリーマガジンViolaに掲載されました

  8. オンリーワンを次世代に

  9. 復興支援が新聞掲載

  1. 2019.08.17

    とてつもない大きな綱を引き合います!大綱祭りin土佐市

  2. 2019.08.05

    よさこい期間中のイベント「木のこころをつたえる」高知大丸…

  3. 2019.07.17

    桧塩も♪ 本日より、インテリアライフスタイル展に出展しま…

  4. 2019.07.06

    木毛(もくめん)塩、マスコミデビュー♪

  5. 2019.06.15

    完成!田野屋塩二郎の木毛(もくめん)塩

  6. 2019.06.08

    木に毛と書いて、もくめん?呼び方の氾濫について

  7. 2019.06.01

    1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛②

  8. 2019.05.25

    1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛①

  1. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  2. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  3. 2018.10.01

    もくめん製造機再現プロジェクト始動!

  4. 2018.07.30

    地球温暖化対策に貢献してます

  5. 2018.03.06

    陸前高田市立気仙小学校にシューピローを

  6. 2018.02.02

    もくめん製造機の記事が高知新聞に掲載されました

  7. 2018.01.08

    戸田商行の新しいシンボルマーク(ロゴ)について

  8. 2017.06.09

    気仙小学校にシューピロー進呈

  1. 2018.04.06

    今年も戸田商行に新たな社員が入社しました

  2. 2018.02.14

    実知子社長からのチョコレート

  3. 2017.07.05

    経営者としての想い

  4. 2017.05.16

    ただいま、写真撮影中

  5. 2017.02.14

    2017バレンタインデー

  6. 2016.11.30

    お誕生日のお花贈呈

  7. 2016.10.02

    10月より当社に新しい仲間が加わりました

  8. 2015.08.26

    本日は工場長のお誕生日

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ