最後のもくめん屋になっても

本日の『高知新聞』に戸田商行を掲載して頂いております。

大昔、緩衝材と言えば「もくめん」の時代がありましたが、現在では石油素材のビニールやプラスチック(ビニールのプチプチに代表されるような)などが、緩衝材の主役。もちろん、その大きな要因はコスト面が大きいのでしょう。

でも、わたしたちは天然素材で作った「もくめん」に、ざまざまな価値があると信じています。

そして戸田商行が、日本最後のもくめん工場となり、この素材を次世代に引き継ぐことに責任と喜びを感じながら、また皆様に感謝をしながら、今日ももくめんを作って参ります。

関連記事

  1. テレビ高知『テレっちのたまご』

  2. CHAIN様のホームページで紹介いただきました

  3. tosa mono(とさもの)が毎日新聞に掲載

  4. 「中小企業が時代を生き抜く7+1の知恵」発売中です!

  5. 高知放送『土佐人力』の取材を受けました

  6. TBS系列 あさチャン!に取材いただきました

  7. 農業広報誌の取材

  8. 復興支援が新聞掲載

  9. 『かみきこうち』発売されました!

  1. 2024.05.14

    中土佐町「more trees」の森から生まれる「もくめ…

  2. 2024.04.20

    『協働の森事業』に参加しました!

  3. 2024.02.16

    高知ぢばさん大賞”奨励賞”を受賞!

  4. 2024.01.25

    「メゾン・エオブジェ2024パリ」無事終了し、日本に帰り…

  5. 2024.01.19

    「メゾン・エ・オブジェ参加記」世界のデザインが集う場所

  6. 2024.01.14

    前園真清「四国ともたび」に出演

  7. 2024.01.10

    なぜ、ちいさな会社で経営方針発表会を行うのか②

  8. 2024.01.05

    メゾン・エ・オブジェ・パリ2024年1月展に出展いたしま…

  1. 2024.01.10

    なぜ、ちいさな会社で経営方針発表会を行うのか②

  2. 2023.12.14

    なぜ、小さな会社で経営方針発表会を行うのか①

  3. 2023.02.23

    なぜ、木毛にこだわるのか?

  4. 2020.07.21

    木毛(もくめん)の価値について改めて考える 

  5. 2019.11.02

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛③

  6. 2019.10.04

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛②

  7. 2019.09.27

    木毛(もくめん)づくりの理念は愛♡

  8. 2019.09.07

    もくめんの原材料、木材の種類について

  1. 2024.02.16

    高知ぢばさん大賞”奨励賞”を受賞!

  2. 2023.08.10

    MICILの文旦オイルプロジェクトとは

  3. 2023.07.08

    社長インタビュー動画が公開!

  4. 2018.01.08

    戸田商行の新しいシンボルマーク(ロゴ)について

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ
もくめんサンプルのご購入はこちら