陸前高田市立気仙小学校にシューピローを

あの未曾有の東日本大震災から間もなく7年、2018年3月2日、東日本大震災復興応援活動として地元高知県土佐市立戸波小学校4.5.6年児童と一緒に、岩手県陸前高田市立気仙小学校の全児童と教職員69名に進呈する「シューピロー(靴枕)」を製作しました。戸田商行としては5年目の取り組みとなります。

「シューピロー(靴枕)」とは高知県産桧を細長く削ったもくめんを土佐和紙の袋に詰めて、石言葉を持つお守りとしてパワーストーンと呼ばれる天然石を組み合わせて作成したものです。

このシューピローには登下校で児童の足を保護し、現在も被災地で不安な日々を暮らしている家族に、子供が無事に帰ってきたことへの喜びと安心感につなげていただきたいとの思いが込められています。

戸波小学校の応援活動も5年目になることから気仙小学校との交流も深まり、前々日には岩手県産米が届けられました。シューピロー作りに先だち、上級生が握ったおむすびを、戸波小学校の児童全員が美味しく頂いたそうです。

シュピロー作りの説明を受け作成開始です。最初は石選びです。
石の意味を考え、被災地の小学生を思いながら真剣に選ぶ子供たち。
そして桧のもくめんを受け取ります。
選んだ石の意味をもう一度確認しながら仕上げの作業。
ひとつひとつにメッセージを書き添え完成です。

戸波小学校は山の高台にあり、津波の被害にあう事はありませんが、年に一度の応援活動を通じて防災への意識を高めています。

また、被災地への想いを持って心を寄せることで新しい交流も生まれ、遠い岩手県を身近に感じてもいるようです。シューピローはもうすぐ気仙小学校へと届きます。

関連記事

  1. 2017年あけましておめでとうございます

  2. 春を感じる火曜日

  3. 本日ぽかぽか陽気

  4. ヤマモモの季節

  5. 高知県産の原木が到着しました

  6. 第13回高知県木の文化賞 受賞

  7. もくめん製造機を修繕

  8. リバースエンジニアリングによる木毛製造機の復元に関する研究

  9. 関西機械要素技術展 もくめん製造機展示

  1. 2019.06.15

    完成!田野屋塩二郎の木毛(もくめん)塩

  2. 2019.06.08

    木に毛と書いて、もくめん?呼び方の氾濫について

  3. 2019.06.01

    1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛②

  4. 2019.05.25

    1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛①

  5. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  6. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  7. 2019.05.07

    木毛(もくめん)工場のお誕生日祝い

  8. 2019.04.25

    ゴールデンウィーク休業のお知らせ

  1. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  2. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  3. 2018.10.01

    もくめん製造機再現プロジェクト始動!

  4. 2018.07.30

    地球温暖化対策に貢献してます

  5. 2018.03.06

    陸前高田市立気仙小学校にシューピローを

  6. 2018.02.02

    もくめん製造機の記事が高知新聞に掲載されました

  7. 2018.01.08

    戸田商行の新しいシンボルマーク(ロゴ)について

  8. 2017.06.09

    気仙小学校にシューピロー進呈

  1. 2018.04.06

    今年も戸田商行に新たな社員が入社しました

  2. 2018.02.14

    実知子社長からのチョコレート

  3. 2017.07.05

    経営者としての想い

  4. 2017.05.16

    ただいま、写真撮影中

  5. 2017.02.14

    2017バレンタインデー

  6. 2016.11.30

    お誕生日のお花贈呈

  7. 2016.10.02

    10月より当社に新しい仲間が加わりました

  8. 2015.08.26

    本日は工場長のお誕生日

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ