木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

爽やかな5月の風が頬をなで、連休明けの鈍った体が、やっとリズムに乗ってきた矢先、もう週末ですね~。

爽やかなお天気が続いている、高知です。

さて、戸田商行は、土佐市戸波という山間部に工場があります。

そのため、周りは自然に囲まれ、四季折々、特に春は花々の彩を楽しむ事ができます。

材木置き場の山裾にある「エゴノキ」が、今、満開を迎えて綺麗。

「エゴノキ」は日本中に分布する落葉樹で、高知では5月の今頃、釣り鐘状の白

い花を下向きに付けた、かわいい姿を見せてくれます。

ありふれた雑木ですが、私が大好きな花の一つです。

エゴノキの花

写真の木とは別に、もう1本、事務所前にも「エゴノキ」が植わっています。

亡き先代(義父)もこの花が大好きで、私が嫁いだ後、植えてくれたものです。

父は、毎日もくめん作りに精を出す傍ら、エゴノキだけでなく、花や畑の手入

れをし、色んな事を私に教えてくれました。

「エゴノキの実の皮には毒があるき。それをすりつぶして、川に流して、魚をしびれさして、いっぱい獲ったことよ!」

父が他界してから、毎年エゴノキの花が咲くたびに、その時の、笑顔で昔話しをする父の顔を思い出します。

今年も2本のエゴノキが満開の花を咲かせてくれました。

父に見守られるように、もくめん作りが出来ている事に、今日も感謝の気持ちで

いっぱいです。

関連記事

  1. ふじ開花

  2. 関西機械要素技術展 もくめん製造機展示

  3. 戸田商行の新しいシンボルマーク(ロゴ)について

  4. 第13回高知県木の文化賞 受賞

  5. 海外でももくめんを

  6. 高知でももくめん製造機再現プロジェクトを公開

  7. もくめんサンタがやってきた

  8. もくめん製造機が表彰!

  9. 東日本大震災被災支援シューピロー

  1. 2019.07.17

    桧塩も♪ 本日より、インテリアライフスタイル展に出展しま…

  2. 2019.07.06

    木毛(もくめん)塩、マスコミデビュー♪

  3. 2019.06.15

    完成!田野屋塩二郎の木毛(もくめん)塩

  4. 2019.06.08

    木に毛と書いて、もくめん?呼び方の氾濫について

  5. 2019.06.01

    1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛②

  6. 2019.05.25

    1年待ちの塩を作る奇才、田野屋塩二郎さんと木毛①

  7. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  8. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  1. 2019.05.18

    なぜ、木毛と書いて「もくめん」と読むのか?

  2. 2019.05.10

    木毛(もくめん)工場に咲く「エゴノキ」

  3. 2018.10.01

    もくめん製造機再現プロジェクト始動!

  4. 2018.07.30

    地球温暖化対策に貢献してます

  5. 2018.03.06

    陸前高田市立気仙小学校にシューピローを

  6. 2018.02.02

    もくめん製造機の記事が高知新聞に掲載されました

  7. 2018.01.08

    戸田商行の新しいシンボルマーク(ロゴ)について

  8. 2017.06.09

    気仙小学校にシューピロー進呈

  1. 2018.04.06

    今年も戸田商行に新たな社員が入社しました

  2. 2018.02.14

    実知子社長からのチョコレート

  3. 2017.07.05

    経営者としての想い

  4. 2017.05.16

    ただいま、写真撮影中

  5. 2017.02.14

    2017バレンタインデー

  6. 2016.11.30

    お誕生日のお花贈呈

  7. 2016.10.02

    10月より当社に新しい仲間が加わりました

  8. 2015.08.26

    本日は工場長のお誕生日

過去のブログ記事

戸田商行Facebookページ

商品のご購入はこちらから。戸田商行もくめんショップ